2019/01/30 ( Wed )

二日酔いの口臭が気になる時に試してほしい口臭を消す方法!

カテゴリー:二日酔い

LINEで送る
Pocket

%e5%8f%a3%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f

お酒を飲みすぎてしまった翌日。
二日酔いの頭痛や吐き気、気怠さも悩みの種ですが男女ともに気になるのがお酒の臭いが残っていないかどうか。
自身では気付きにくい「口臭」はスメルハラスメントという言葉があるほど社会的悩みの1つにもなっています。

口臭を消したいからと飲み会に参加しない、お酒を飲まないなんてことは難しいですよね。

「歯を磨いても、臭いが消えているのかわからない…」そんな時にすぐに試せる口臭をケアする方法があります。お酒の匂いが残ってしまう原因と併せてご説明します!

口臭にまで表れてしまう原因

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f

アルコールにはアセトアルデヒドという物質が存在しています。
この物質は人体には有害な成分を含んでいて、肝臓で分解されていきます。
分解された後は酢酸と水にさらに分解されて呼気や汗、尿となって体外に排出されていくのですがアルコールの摂取量が多いと分解機能が追い付きません。
すると血中にアセトアルデヒドという成分のまま溶け込んでしまい、臭いの原因となってしまうのです。

ではこの嫌な臭いを消すためには、どうすればいいのでしょうか。

アセトアルデヒドを分解する!

%e6%b0%b4%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f

要するに血中に溶け込んでしまっているアセトアルデヒドを分解してしまえば、口臭の元はなくなっていきます。

水分を摂る

二日酔いに対しても効果的な方法として、まずは水分を摂ることが大切です。
アルコールは水分ではないため、飲酒後の体は水分は大きく不足している状態です。脱水状態の体を元の働きに戻してあげることでアルコールを分解する働きも動き始めます。
レモン水などフルーツと合わさっているものも効果的です。

フルーツを食べる

リンゴ、グレープフルーツ、柿がアセトアルデヒドの分解に効果的です。
まずリンゴはクエン酸が多く含まれているためアルコールを分解してくれる作用があります。グレープフルーツはフルクトースという果糖成分がアセトアルデヒドを分解するサポートを行ってくれます。そして柿には胃の粘膜を保護してくれる効果があり、アセトアルデヒドの分解促進効果もあります。
フルーツに含まれている栄養成分はどれも二日酔いや口臭に効果的なものが多いため、1欠片でも食べていくことがお勧めです。

気になる口臭を予防する方法

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e5%8f%a3%e7%94%bb%e5%83%8f

口臭が気にならないようにするためにも、まずは二日酔いにならないように適量の飲酒量に抑えることが大切です。
さらにお酒の臭いが残りにくくなる方法を試すようにしていきましょう。

事前に食べていくと良いもの

なるべく飲酒の前に摂取しておくといい食材があり、口臭や二日酔いを予防する力を持っています。

トマト

水溶性成分が肝臓の分解酵素を促進させてくれるため、アルコールが残り辛くなります。
アルコールとトマトで作られるお酒もあるため、飲酒中にそのお酒を飲むことも効果的です。

口臭の対策として柿は優れた成分を持っています。
殺菌と消臭に高い効果を発揮するため、歯磨き粉にカキタンニンという柿に含まれている成分が入ったものを使用することも口臭予防に繋がります。
また食後に食べても臭いを残らなくしてくれます。

柑橘系

オレンジなどの柑橘系に多く含まれている果糖やビタミンCはアセトアルデヒドを分解促進してくれる成分なため、事前に摂取しておくことで口臭予防になります。
またデザートとして食後に摂取することも効果があるため、飲酒前・後にはフルーツ類を摂ることがお勧めです。

寝る前にしておくこと

飲酒後、お酒の酔いが残っている状態だとなかなか難しいかもしれませんが歯を磨くことは忘れないようにしましょう。
食事もアルコールも歯に付着して臭いを起こしてしまうため、口内を清潔にしておくことは口臭予防の大切なポイントです。
さらに水分を摂ってから眠ることで口の中の汚れや脱水症状を防ぐこともできるため、コップ1杯の水を飲んでから寝るようにしましょう。

飲み方を変える

まずは飲酒量を減らすことが大切です。そして飲み方を「水割り」に変えてみることも予防の1つです。
脱水症状を起こしている体を少しでも水分が含んでいる状態にするためにお酒の飲み方を水割りにしてみることで口臭が改善される可能性があります。
そして胃が空いた状態でアルコールを過剰摂取することも控えましょう。食事と一緒に摂取することでアルコールの分解は加速します。
ですが食べるものは塩分が少なめのものを選ぶようにすると二日酔いになり辛く、口臭としても残りにくくなります。

二日酔いにならないようにする

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%84%e7%94%bb%e5%83%8f

口臭を予防するためにはまず、二日酔いにならないようにしておきましょう。

事前に対策を行っていけば過剰に飲酒を摂取しても翌日まで持ち越さずに済みます。
飲み会などのお酒の席は楽しいものではありますが羽目を外しすぎると危険な状態になってしまう恐れもあるため、羽目を外し過ぎないように二日酔い予防ドリンクを飲んでおくなど対策をしておくことが大人ならではの楽しみ方です。

LINEで送る
Pocket

PICK UP“二日酔い”に関連するまとめ

Copyright© 2016 COSME ISM, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket