2019/01/30 ( Wed )

飲み過ぎた翌朝も安心!二日酔い対処法

カテゴリー:飲み過ぎ

LINEで送る
Pocket

忘年会や新年会、また春のお花見や歓迎会など1年を通してお酒の場はたくさん!ついつい自分のキャパを超えて飲み過ぎてしまうことってありますよね。翌朝、だるい身体ともに昨日の飲み過ぎを後悔するなんて経験はきっと誰でもあるはずです。

そんなとき飲み過ぎの対処法を知っていれば安心!二日酔いの症状から即効リセットしちゃいましょう。また二日酔いにならないための飲み会前の対策もご紹介しますので、ぜひ飲み会前参考にしてみてください。飲み過ぎの対処法、さらに対策を知っておけば、大事な予定の前も安心して飲み会を満喫できますよ!

飲み過ぎた朝!即効リセット法

女性の画像

朝起きると、頭痛や吐き気など二日酔い…何度経験してもつらいですよね。そんなときの対処法をご存知でしょうか?二日酔いの仕組みを理解し、対処法を知っていれば二日酔いも怖くない!ご紹介する下記の方法で即効リセットしてください。

BCAAで肝臓をパワーアップ

体内に入ったアルコールは、ほとんどが肝臓で代謝されます。その代謝の時に、生じるアセトアルデヒドをうまく分解できないと毒性が強いアセトアルデヒドが吐き気や頭痛などの二日酔い症状を引き起こします。そのため大量のアルコールを摂取すると、アセトアルデヒドが分解しきれず血中を巡り二日酔いとなるわけです。

そんなアセトアルデヒドの産生防止には、肝臓の働きを高めることが第一!アミノ酸とビタミンB1を摂取しておけば、二日酔いの早期解消にも期待できますよ。

肝臓の解毒作用やアルコール代謝を促進、肝機能を向上させる効果がアミノ酸にはあります。とくにBCAA(分岐鎖アミノ酸)は、炎症を抑え、肝臓を保護すると言われているのでオススメです。またアルコールを肝臓で分解するときに大量に消費されるビタミンB1も摂取しておくと良いでしょう。

実は脱水症状かも

お酒を飲むと、身体の中がカラカラの水分不足になります。お酒を飲み過ぎた後には、水でもいいですが、塩分や糖分が含まれていて吸収率が高いスポーツドリンクを摂取すると良いでしょう!

でもお酒で水分を多く摂取しているのに、なぜこのような事が起こるのでしょうか?アルコールは利尿作用が高く、またおつまみ等も塩分過多のものが多く排せつに水分が使われてしまいます。そのためアルコールを大量に飲んだ翌朝は脱水症状を引き起こし、頭痛やめまいなどの症状が起こります。

そのため、真水より少しの塩分が含まれていて胃に優しく刺激が少ないスポーツドリンクを飲むことをオススメします。常温で飲むとさらに良いでしょう。また自宅にスポーツドリンクがなければ、お味噌汁や野菜ジュースでもOKです。お味噌汁ならしじみの成分が含まれたもの、野菜ジュースならトマトジュースがオススメです。

胃薬は症状によって使い分け

胃もたれや吐き気などの症状には、胃薬が効果的です。アルコールは胃を強く刺激します。食べ物を消化するときに胃酸を分泌しますが、胃酸は強い酸性でアルコールの刺激で弱った胃に、胃酸が分泌されると不快な症状を引き起こすことがあります。またアルコール自体が胃の粘膜を通り抜けて刺激を与えることもあります。

翌朝、胃のもたれや吐き気の症状がひどいときは胃酸を抑える『制酸薬』を飲みましょう。また中枢神経を抑える吐き気止めも効果が期待できます。飲み過ぎ、食べ過ぎのときには飲んでみてください。

 

やっても意味ない!?間違った二日酔い対処法

%e8%90%bd%e3%81%a1%e8%be%bc%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e7%94%bb%e5%83%8f

なんとなく効果がありそう!と思ってトライしていた二日酔い対処法。もしかしたら間違ったものが含まれているかも…

運動

汗をかいてスッキリすれば、アルコールも身体から抜けそう。と思いがちですが、間違いです!

アルコールは汗と一緒に身体の外へ出すことはできません。アルコールの分解は、あくまで肝臓の働きによって体内から排出されます。そのうえ、もともと脱水状態の身体で運動すると意識を失うリスクもあるので注意しましょう。

カフェインを摂取

カフェインをたくさん摂取すると短期的には気分がよくなるかも知れませんが、身体的にはNGです!

カフェインには血管を収縮する作用があり頭痛を抑える効果は期待できますが、あくまで短期的な効果。アルコールと同じように、利尿作用があるカフェインは脱水症状をさらに引き起こす恐れがあります。またアルコールで弱った胃にカフェインは刺激が強く、さらに悪化させてしまう可能性もあります。

 

STOP!飲む前の対策

5の画像

空きっ腹は酔っぱらうといいますが、二日酔いの対策にも事前に食事をしておくことは大切です。

脂肪分であるバターやオリーブオイル、牛乳、お米などの炭水化物を事前に摂取しておくと、胃に膜をはりアルコールの吸収速度を抑えるほか、アルコールの胃への刺激を和らげることができます!ALDHの活性化に役立つチーズや豆類などの高たんぱく質の食べ物もオススメ。

さらに「アスパラガス」がアルコールを代謝する酵素を増強する効果が期待できることが発見されました。事前にサラダやおつまみなどでアスパラガスを食べておくことで二日酔いの対策となります。

またコンビニや薬局などで手軽に手に入る二日酔いの対策のドリンクやサプリメントを事前に飲んでおくのも対策となります。効果あるの?と思いがちですが、アルコールの飲み過ぎ対策で、大切な肝臓の働きを助ける栄養素が含まれてるものがほとんどです。飲み会前に摂取しておくと抜群の二日酔い対策となるでしょう!

 

LINEで送る
Pocket

PICK UP“飲み過ぎ”に関連するまとめ

Copyright© 2016 COSME ISM, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket