2019/01/29 ( Tue )

【徹底解説!】飲みすぎると腰痛が悪化するのはどうしてか

カテゴリー:飲み過ぎ

LINEで送る
Pocket

アルコールの飲みすぎて腰痛が酷くなったという話を聞いたことはありますか?
普段から慢性的な腰痛に悩まされている方がアルコールの摂取によって腰痛が悪化してしまうケースがあります。

今回はアルコールと腰痛の関係性を解説します。

アルコールと腰痛の関係性とは?

%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f

腰痛は筋肉の低下や骨盤のゆがみ、生活習慣によってや、仕事環境によってが主な原因と言われています。
年代問わずに腰痛の悩みを抱えている方は少なくありません。そしてアルコールは腰痛を悪化させてしまう可能性があります。

炎症を起こしている腰痛の場合

アルコールは血管を拡張させて血流を良くさせる成分があるため、炎症が悪化してしまいます。刺激があり、血管が拡張して熱を帯びている炎症部分にとってアルコールは大敵。痛みがより増してしまい、まれに動けないほどの激痛に見舞われることもあるため注意が必要です。

内臓の不調による腰痛の場合

アルコールに密に関わる膵臓は、膵液の通り道の炎症を起こしてしまうことによって生じる膵臓病の心配があります。慢性膵炎は背中や腰に痛みを感じる場合があるため、アルコールの過剰摂取は悪化させてしまう可能性があります。また膵臓に限らず、肝臓や十二指腸なども腰痛を引き出します。内臓は筋肉でできているため腰と関係が深く、痛みが悪化してしまう原因になります。

 

腰痛が長引いてしまうかもしれない

女の子の画像

アルコールは過剰摂取を繰り返すことで体内の栄養成分を消費してしまいます。栄養不足が原因で腰痛を補おうとする働きが弱まってしまい、結果的に慢性化した腰痛をさらに長引かせてしまう恐れがあります。またアルコールの成分は血管を拡張させて体温を変化させてしまいます。体温調節が上手くできなければ痛みを悪化させたり、慢性化させてしまったりする可能性も出てきます。腰への負担が大きいため腰痛で悩まれている方はアルコールの過剰摂取を控えることがお勧めです

 

適量なお酒の摂取量

お酒

1日に100グラム以上のアルコールを摂取し続けると腰痛に繋がる重篤な症状を引き起こす可能性が高くなります。腰痛は慢性化されてしまうとなかなか取り除けず、ストレスや違う病気を引き起こしてしまう可能性が出てきます。

・ビール:500ml(中ビン:アルコール度数 5%)
・日本酒:180ml(1合:アルコール度数 15%)
・ウイスキー:60ml(ダブル:アルコール度数 14%)
・焼酎:110ml(お湯割り:アルコール度数 25%)
・ワイン:180ml(1/4本:アルコール度数 14%)

上記の適正量よりも飲酒量が多いという方は注意が必要です。アルコールは適量を楽しむことで疾患を生まずに済みます。この機会に日々のお酒の飲み方を見直してみてはいかがでしょう。

または飲酒の仕方を考え直してみてはいかがでしょう。水分をこまめに摂ったり、塩分を控えたおつまみを選んでみるなど影響が少なめな飲み方を試してみて下さい。
二日酔いは不快感と共に腰痛を激しく感じさせてしまうため、引き起こさないためにも二日酔いを予防するドリンクなどを試してみて下さい。

 

LINEで送る
Pocket

PICK UP“飲み過ぎ”に関連するまとめ

Copyright© 2016 COSME ISM, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket