2017/03/16 ( Thu )

アメリカで話題のリラクゼーションドリンクをエナジードリンクと比較してみてわかったこと

LINEで送る
Pocket

mv

提供:株式会社Global Arrows

仕事や受験勉強などで行き詰った時など、ここぞというときにエナジードリンクを飲むという方は多いですよね。コンビニでも手軽に購入でき、飲むだけでやる気が出てくる万能ドリンクです。ですが最近、リラクゼーションドリンクというものが新たに登場しているのをご存じですか?名前の通り、エナジードリンクとは真逆のリラックス効果が期待できるドリンクです。リラックスしてやる気がでるの?と思うかもしれませんが、エナジードリンクと同じく仕事や勉強の合間に持ってこいのドリンクとなっています。
今回は、そんなエナジードリンクとリラクゼーションドリンクを比較し、どちらをどんなタイミングで飲むとより効果的なのかをチェックしていきたいと思います。

一気にやる気を高めてくれるエナジードリンク

img

エナジードリンクにはカフェイン、アルギニン、砂糖やブドウ糖が多く含まれていることがほとんどです。カフェインは神経を興奮させ眠気を覚ます役割、アルギニンは血行の促進、砂糖やブドウ糖には疲れを癒すといった役割があり、それぞれが作用して仕事などのパフォーマンスを高めてくれます。

エナジードリンクのメリット

エナジードリンクにはカフェインが含まれていますので、眠いとき、眠くなりそうなときには効果的です。コンビニに行けば様々なメーカーのエナジードリンクが売られていますので、そのときの気分に合わせて味を楽しめるのも嬉しいポイントですね。また、激しい運動やスポーツをする前にはカルニチンや高麗人参などが配合されているエナジードリンクがおすすめです。

エナジードリンクのデメリット

エナジードリンクのデメリットはやはりカフェインの過剰摂取。カフェインの過剰摂取による事故も時折問題になっていますので、充分注意しましょう。また、エナジードリンクはカフェインの他に糖分も多量に含まれています。これは血糖値を急激に上げて強制的に脳を興奮状態に導くため。ダイエット中の方は控えたいところですね。
さらに効果が切れると今までの疲れや眠気が急速に襲ってくることもあります。長時間頑張らなくてはいけないときには向かないかもしれません。

エナジードリンクを飲むタイミング

朝が弱い、お昼を食べるとどうしても眠くなってしまうという方は、午前中からお昼過ぎに飲むと眠くならずに仕事や勉強に集中することが期待できます。
しかし、エナジードリンクにはカフェインが多く含まれているものが多く、夕方以降に飲んでしまうと寝つきに影響することもあるので、できれば午後に摂取するのは控えたいところですね。

人気のエナジードリンクの特徴

現在販売されているだけで何種類ものエナジードリンクがありますが、それぞれの特徴について見てみましょう。普段何気なく飲んでいるエナジードリンクでも、新たな発見があるかもしれません!

img

レッドブル

「エナジードリンク」という言葉を最初に作ったのがレッドブル!レッドブルはオーストリア初の清涼飲料水で、主な成分はカフェイン、アルギニン、ナイアシン、パントテン酸となっています。日本と海外のレッドブルでは成分が多少違いますが、日本のレッドブルも眠気をスッキリ覚ましてくれますよ。味も甘くて飲みやすく、お酒で割ればさらに美味しいと評判です。レッドブルのカフェイン含有量は1本250mlあたり80mgと、こちらもしっかりカフェインを摂取できるようになっています。少し小さめのボトルとなっているので、一気に飲み干したい、そんなにいっぱいはいらない、という方でも手軽に飲むことができます。

モンスター

2002年にアメリカで発売されて以来世界で絶大な人気を誇るエナジードリンク、モンスター。ビタミンB群、アルギニン、カルニチン、高麗ニンジンエキスなどを独自にブレンドし、カフェインは1本355ml中142mgとしっかり入っています。パンチの効いた味や爽快感も相まって、飲むとすばやく元気になれます。定番のグリーンのモンスターエナジーの他、オレンジジュースのような甘みを楽しめるモンスターカオス、ゼロカロリー、ゼロシュガーでエナジードリンクを楽しめるモンスターアブソリュートリーゼロ、スポーツ飲料のような風味を楽しめるモンスターウルトラなど種類が多く、気分で選べるのも嬉しい特徴の一つですね。

img

ライジン

大正製薬から発売されているライジン。気持ちを切り替えて集中力を高めたいという時におすすめの一本となっております。味はジンジャーと香辛料でピリッとキレのある風味を楽しめる「ドライ」と、8種類もの植物アロマを組み合わせた爽やかで味わい深い「マイルド」の2種類が展開されています。どちらもエナジードリンクには欠かせないカフェインやナイアシン、イノシトール、ショウガ抽出物などの成分がたっぷり入っていますよ。また、ライジンはデザインにもこだわりが。味感と刺激のチャートを表現している色鮮やかな多角形が、スマートでクリエイティブな瞬間を演じています。コンビニで販売されているので、仕事の合間でも手に入りやすいですね。

気持ちを切り替えてくれるリラクゼーションドリンク

img

エナジードリンク市場が成長を続ける中で、突如アメリカでブームとなったのがリラクゼーションドリンク。エナジードリンクのように神経を興奮させるのではなく、リラックスすることで気持ちを切り替えてくれるといった新しいドリンクです。リラックスを促してくれるGABAや、ハーブティーにも含まれる鎮静成分テアニン、睡眠にいいとされるメラトニンなどが配合されています。
エナジードリンクのように目がさえてシャキっとはしませんが、徐々にスッキリ頭が冴えるよう導いてくれます。さらに仕事中にもリラクゼーションドリンクは効果的。ちょっと一息つきたい、注意力が散漫になってしまったという時にこのリラクゼーションドリンクで休憩してみてください。すっと気持ちが切り替わり、目の前の仕事に集中しやすくなります。さらにリラクゼーションドリンクはノンカフェインのものが多いので、夕方以降でも気にせず飲めるのが嬉しいですね。

リラクゼーションドリンクのメリット

リラクゼーションドリンクはエナジードリンクほど即効性はありませんが、徐々にスッキリ頭が冴えるよう導いてくれます。リラックスすることでダラけてしまわないか不安に思うかもしれませんが、緊張しているときよりリラックスしている状態の方が柔軟な発想ができたり、いい結果を出せたりすることがありますよね。ですので、いい結果を出したいときや、アクティブな発想をしたいというときにこそリラクゼーションドリンクがおすすめです。

リラクゼーションドリンクのデメリット

リラクゼーションドリンクのデメリットは、知名度が低くなかなか入手しにくいところ。海外のメーカーから購入する方法もありますが、お金が心配ですよね。このあと日本でも購入できるリラクゼーションドリンクをご紹介しますので、見かけたら試してみましょう。

リラクゼーションドリンクを飲むタイミング

仕事中や勉強中にリラクゼーションドリンクを飲むなら、いつもエナジードリンクを飲むようなタイミングで大丈夫です。さらに「今から気合を入れたい!」というとき以外にも、ちょっと一息つきたい、注意力が散漫になってきた…というときにもおすすめです。すっと気持ちが切り替わり、目の前の仕事に集中しやすくなります。
リラクゼーションドリンクはノンカフェインのものが多いので、夕方以降でも気にせず飲めるのが嬉しいですね。寝付けない夜に飲めば、気持ちが落ち着いてゆっくり眠ることができますよ。

リラックスする大切さ

img

エナジードリンクで一気に神経を興奮させて集中力を高め、高いパフォーマンスを叩き出すというやり方もいいのですが、自宅でくつろいでいるかのようにリラックスすることでパフォーマンスが上がるということもあります。散歩中や読書中など、のんびりしているときにいいアイデアを思いついた!なんて経験はありませんか?そんな環境を仕事中にも実感できるのがリラクゼーションドリンクなんです。サラリーマン、クリエイター、アマチュアアスリートなど、日々緊張やストレスと戦う方にとって、肩の力を抜いてリラックスすることはとっても大事。柔軟な発想で、より集中力を高めることもできます。
また、ヨガなどのマインドスポーツやアウトドア、レジャーを好む方にもリラクゼーションドリンクはおすすめ。よりリラックスして体を動かしたり、豊かな自然を楽しんだりすることができます。

話題のリラクゼーションドリンク「CHILL OUT」

img

エナジードリンクはよく飲んでいるけど、リラクゼーションドリンクも試してみたい!と思いませんでしたか?アメリカでは人気のリラクゼーションドリンクですが、日本での知名度はまだまだ。そもそも、日本でもリラクゼーションドリンクを手に入れることはできるのでしょうか?
そこで、今回ご紹介するのが「CHILL OUT」。日本で購入できる数少ないリラクゼーションドリンクの一つです。CHILL OUTにはリラックスを促す成分GABAが配合されており、その他にもリラックスに役立つヘンプシードパウダーやペパーミントなどが配合されています。さらに7種類ものビタミンと葉酸も一緒に摂取することができるので、忙しいけど美容や健康にも気を使いたい、ナチュラルでヘルシーなライフスタイルにこだわっている、という女性にもおすすめ。もちろんカフェインフリーなので、時間を気にせず飲むことができます。人工甘味料、香料、着色料、保存料、グルテンも含まれていません。成分だけでなく味にもこだわっており、キウイやマスカット、ライムといったフルーツのおかげですっきり、ナチュラルな甘みを感じることができます。ペパーミントの清涼感が心地よく、頭をすっと冷静にさせてくれます。
現在CHILL OUTを購入できるのは、ナチュラルローソンやヴィレッジヴァンガード(Village Vanguard)、成城石井、PLAZA、その他スポーツショップやアパレルショップなど。(※一部取扱いのない店舗もございますので、詳細はお近くの店舗に直接お問い合わせください。)徐々に販売店舗も増やしていくそうですが、もし見かけられた際はぜひチェックしてみてください。また、オフィシャルサイトによるネット販売では、30本入りケースでの販売をしております。まとめて買って、会社などに置いておくのもいいですね。流行最先端のドリンクを、誰よりも早く試してみましょう!

一息ついて、もうひと頑張り!

img

一気にやる気を高めてくれるエナジードリンクと、ほっと一息ついて気持ちを切り替えてくれるリラクゼーションドリンク。どちらも仕事、勉強、スポーツの強い味方になってくれます。今後更なるブームが予感されるリラクゼーションドリンクは、カフェインフリー、ビタミンがたっぷりなど嬉しいポイントがたくさん。お昼はエナジードリンク、夕方もうひと頑張りしたいときはリラクゼーションドリンクなど、上手に使い分けて効率アップを狙っちゃいましょう!

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 COSME ISM, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket