2018/01/04 ( Thu )

妊娠線の予防に効く!話題のクリームとスキンケアのコツとは?

LINEで送る
Pocket

mv

提供:株式会社Global Arrows

出産を経験したママさんなら、「妊娠線」の経験がある方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんが元気に育ってくれることはとっても嬉しいことなんですが、ママにとっては気になる体の変化のひとつですよね。一度できてしまったお腹の妊娠線や凹凸は、出産後時間が経過すると色は肌色に近くはなりますが、シワが分かるようになったり、カサカサしてしまったりと、簡単に無くなるものではありません。そのため、美容の面から産後の肌に悩みを抱える女性も多いようです。そこで本日は、妊娠線に悩むママさんに向けて、正しいスキンケア方法と、おすすめのケアクリームをご紹介したいと思います。

妊娠初期からの予防が肝心!

img

妊娠線は簡単に消えることのないもの。お腹が大きくなる前にしっかりケアすることが大切なんです。妊娠線は、体重が増え始める時期にできやすいと言われていて、全くできない人もいればできやすい人もいるように、個人差があります。
そして、妊娠線を作らないためには、体重管理と正しいスキンケアが重要だと言われています。赤ちゃんが大きくなるので、ママの体重も増えるのは当たり前のことですが、お医者さんの指導する正しい体重維持を心がけるのもひとつです。また、スキンケアでしっかり保湿することでお肌の健康にもつながり、妊娠線の予防につながります。妊娠して早い段階からしっかりケアを心がけましょう!

スキンケアにはマタニティクリームがおすすめ♪

img

ではここで、おすすめの妊娠線をケアするクリームをご紹介します!妊婦さん向けの雑誌にも多数掲載されているAFC社から発売の「マタニティクリーム」です。ママが選ぶケアクリームベスト10にも選ばれた実力のあるケア商品なんです。無添加なので安心して使っていただけます。では、多くの先輩ママが支持する魅力を詳しく見ていきましょう!

成分へのこだわり

img

クリームを選ぶコツは、

・不純物の含まれていない無添加のもの
・肌に浸透しやすく保湿できるもの
・伸びが良く、肌に不快感を与えないもの
・匂いがつよくないもの

です。このマタニティクリームでは、全ての項目をクリアできるような3つのこだわりがあります。

肌のめぐりをサポート

肌のめぐりを手助けしてくれる成分である「葉酸」が含まれています。葉酸は妊娠中のママにとって不足しがちな栄養素といわれています。お腹が大きくなるにつれて、お肌が急激に引っ張られ、凹凸が出来てしまうのですが、葉酸によって肌のめぐりを促すことで、綺麗なお肌になるサポートをします。

きちんと整えて保湿する

肌にうるおいを届かせ、肌を整える成分であるライマメ種子エキス、ダーマクロレラアラントイン
が配合されています。ケアしていても出来てしまった妊娠線や凹凸を元通りにするために、きちんとうるおいを与えて集中ケアします。

優しい香りでリラックス効果を

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れから心のストレスにも影響しやすくなっています。匂いにも敏感になっている時期なので、香りにもこだわっています。ケア中も心地良くリラックスできるように、天然のアロマオイルを使用したネロリ(ビターオレンジ)の香りをしています。

生まれてからも赤ちゃんと一緒に使える♡

img

AFC社のマタニティクリームは、妊娠中のママのお腹だけでなく、全身に使うことができます。バストやお尻へもたっぷりケアして、カサカサお肌を防ぎましょう!妊娠中のケアの後は、産後の引き締めケアとして使うのがおすすめです。また、無添加にこだわった安心安全なクリームだから、敏感な赤ちゃんのお肌ケアとしても使うこともができます。親子で一緒に、健康でぷるぷるなお肌を目指しまししょう!

LINEで送る
Pocket

Copyright© 2016 COSME ISM, Inc. All Rights Reserved.

LINEで送る
Pocket